東京のセミナー弁当について学ぼう

セミナー弁当の領収書はどう仕訳すればいい?

セミナー弁当の領収書はどう仕訳すればいい? セミナーの時に配るセミナー弁当は、経費として仕訳ができます。
個人事業主や中小企業の社長になると、セミナー弁当はもちろん普通のレストランで使った費用も経費にカウントできるので、領収書はきちんと取っておきましょう。
ただし、セミナー弁当を経費で落とすためには仕訳が重要です。
税務調査でも細かく調べられるので、きちんと分けておきましょう。
もしセミナーに参加した人間が社員なら、福利厚生費に分類できます。
あまりにも頻繁に弁当をデリバリーしていて金額が高額になるようなら、交際接待費や会議費の項目に分類して下さい。
交際接待費は個人事業主やフリーランスにも認められています。
迷った時は会議費用にしておけば問題ありません。
弁当代が一人5,000円以上かかる場合全額経費で落ちないこともありますが、5,000円以下なら会議費でまず通ります。
ちなみに、会費費用の項目で落とす時はあくまでも会議のための食事なので、ビールなどのアルコール類を一緒に購入してしまうとひっかかる可能性があります。

セミナー弁当の勘定項目は目的によって異なります

セミナー弁当の勘定項目は目的によって異なります 飲食代の勘定項目には会議費や交際費、福利厚生費があり目的によって仕訳先が異なります。
セミナー弁当の仕訳が必要な場合には、何のために利用したのかをしっかり確認しましょう。
会議のために注文した場合には他社の人も利用している場合でも会議費に含まれます。
一方で社外の人との純粋な交際や親睦を目的として注文した場合は交際費に含まれることになります。
特定の社員のみがセミナー弁当を利用したり、高額な弁当を注文した場合は福利厚生費に該当します。
会議とは関係者が集合して特定の案件について相談や意思決定をすること、もしくは集合自体を意味しています。
打ち合わせやミーティング、商談などを目的で関係者が集まった場合は基本的にいずれも会議に該当します。
しかし打ち合わせなどの名目で集合した場合でも、実質的にはたんなる飲み会であるような場合は該当しません。
セミナーが名目で集合した場合には、目的によって勘定科目が変化するので注意しましょう。

新着情報

◎2020/10/9

配達エリアの注意点
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

参加者のやる気につながる
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

人気の弁当はどんな中身?
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「弁当 領収書」
に関連するツイート
Twitter